History & Tradition

月桂冠の歴史と伝統①

設立当初(1637年~1800年前半)

 

徳川三代将軍・家光の時代に、月桂冠の前身「笠置屋」は京都伏見の地で酒屋を創業。伏見は城下町、港町、宿場町として発展し、交通の要衝としてにぎわいを見せるようになります。しかし、幕府の減醸令による酒造制限や、京の市中への他所酒の移入禁止、鳥羽伏見の戦で伏見の街が兵火にみまわれ、伏見酒には苦難が続きました。江戸期の笠置屋は、地元を中心に商う小さな造り酒屋で、その生産量はおよそ数百石(1石は180リットル)にすぎませんでした。

 

history01

1637年9月

初代・大倉治右衛門が伏見馬借前で酒屋を開業。屋号を「笠置屋」、
酒銘を「玉の泉」と称した。(写真は印菰原図「玉の泉」)

 

1828年6月

8代目の治右衛門が「倉」を普請する。1833年(天保4年)には「造り蔵」、

1840年(天保11年)には「居宅」と相次いで普請する。

 

 

1800年後半~1900年前半

 

1800年代後半に入り、伏見酒は全国へ広がります。11代目当主・大倉恒吉の時代、1905年に「月桂冠」を採用。当時、目新しい酒銘と認識されるようになりました。1907年には研究所を設立。酒造りに科学技術を導入する端緒となり、樽詰全盛の時代に防腐剤なしのびん詰商品やアウトドア商品の先がけとなる「コップ付き小びん」を開発しました。同時に「品質第一」をアピールします。博覧会での数々の入賞、鉄道での販売により、「月桂冠」の名は広く知られていきます。大倉恒吉の時代の生産量は1850年頃から100倍に当たる50,000石にまで伸びました。

 

meiji01

1886年

大倉恒吉が13歳で家督を相続し、11代目当主となる。

 

1892年

東京方面への貨物輸送に鉄道を利用しはじめる。

 

meiji01

1893年

醸造高が1000石を突破(1115石)。

 

1897年

酒銘「鳳麟正宗」を商標登録。

 

meiji01

1899年11月

灘酒を研究するため、同地で借蔵醸造を始める。

 

1901年1月

 

米国・ハワイホノルルへ清酒を輸出。
醸造高が5000石を突破。

 

1902年

ハワイ、ホノルルへの輸出を開始

 

1905年

勝利と栄光のシンボル「月桂冠」の酒銘を商標登録する。

 

1906年

南蔵(現在の内蔵酒造場)を新築。
アメリカ・カリフォルニアへの輸出を開始。

 

1907年

醸造高が10000石を突破。
北蔵(尾州藩屋敷跡)での酒造りを開始。

 

1908年

酒銘「大賞」を商標登録する。

 

 

meiji01

1909年

醸造高が15000石を突破。 
「大倉酒造研究所」(現・月桂冠総合研究所)を創設。醸造りに科学的技術を導入し、清酒の品質を向上させていく始まりとなる。 
「びん詰工場」を新設。樽詰酒全盛の時代にびん詰酒の販売に力を入れ始める。 
鉄道院により月桂冠が駅売酒に指定される。

 

1910年

駅売酒「コップ付小びん」(大倉式猪口付びん)を新発売。販売の広がりに伴い、全国に月桂冠が知られていく。

 

meiji01
1911年

「防腐剤ナシ」の封緘をしたびん詰酒を発売。 
第1回全国新酒鑑評会(大蔵省醸造試験所・主催)で月桂冠が「第1位」を受賞(同鑑評会では現在、順位の発表はない)

 

1912年

大賞蔵を新築する(薩摩藩伏見屋敷跡、現在は月桂冠の関連会社・松山酒造が操業)。
中国・大連と特約契約。

 

1915年

アメリカ、サンフランシスコ万国博覧会で名誉賞を受賞。

 

1916年

台湾への輸出を開始。

 

1918年

サイパンへの輸出を開始。

 

1925年

シンガポールへの輸出を開始。
中国、上海の代理店と特約契約。

 

 

 

1900年前期

個人経営の商店を改組して「株式会社大倉恒吉商店」を設立。研究成果により褐色びんを採用、冷房付鉄筋コンクリート造りの酒蔵や、本格的びん詰プラントの設置など、酒造りの近代化を進めました。

 

meiji01

1927年

個人経営の商店を改組し「株式会社大倉恒吉商店」(社長・大倉恒吉)を設立。 
冷房付鉄筋コンクリート造りの酒蔵を、昭和蔵構内に新築。

 

1929年

全国新酒鑑評会で「第1位」「第2位」「第3位」までを独占。
中国、青島への輸出を開始。

 

meiji01

1931年

本格びん詰プラントを昭和蔵構内に設置。

 

1933年

中国潘陽に出張所開設。

 

 

meiji01

1934年

冷用酒(一升びん、700ML、300ML)を発売。 
(写真は当時の新聞広告(1921年頃)、ポスター(1930年頃)、月桂冠宣伝用写真より”京都の舞子”(約1930年代))

 

1938年

中国潘陽出張所が支店昇格。天津での販売開始。

 

 

meiji01

1940年

中国撫順醸造工場を譲渡され、現地生産開始。

 

1942年

朝鮮、清州高見酒造を買収。現地生産開始。
中国、北京大和醸造所を譲渡され、生産開始。

 

1944年

「大倉酒造株式会社」に社名を変更。 
(左写真は当時のポスター(1930年頃))

 

 

 

1900年中期~1900年後期 >>>

 

 

月桂冠の歴史と伝統②

1900年中期~1900年後期

第二次世界大戦を経て、高度経済成長と共に日本酒の需要は大いに伸びました。月桂冠では、1961年(昭和36年)、日本ではじめて四季醸造システムを備えた酒蔵を竣工、年間雇用の社員が、品質の高い酒を安定的に造る体制を確立。市場では、品評会用に造られていたていた吟醸酒が、1975年(昭和50年)頃から市販され始めました。月桂冠では、高級酒の「鳳麟」、パック詰の商品を発売するなど、市場ニーズの多様化に対応していきます。

 

history01

1949年

ハワイ、ホノルルへの輸出を再開(戦後始めての輸出)

 

1952年

統治下の沖縄への輸出を再開。以後、アメリカ各地・ドイツ・香港・台湾への輸出を開始。

 

1961年

日本最初の四季醸造システムを備えた酒蔵「大手蔵」(7階建)を新築。

 

1971年

アメリカ、ニューヨークの代理店と特約契約(シドニーフランク社)

 

1972年

代理店を通じ、カナダ各州政府への酒類輸出を開始。

 

1978年

「鳳麟月桂冠」(1.8リットル)を新発売。

 

1979年

貿易部新設

 

1980年

パック詰の日本酒「さけパック」(1.8リットル、当時の一級酒)を新発売。

 

1981年

全国新酒鑑評会への出品を再開、昭和蔵が金賞を受賞。 
醸造用糖類の添加を全廃。

 

1982年

日本酒の歴史・文化、伏見の酒造りを紹介する博物館「月桂冠大倉記念館」を公開。 
大倉酒造研究所を大手蔵構内に新築。

 

1984年

業界で初めて常温で流通可能な「生酒」を新発売。

 

history01

1985年

無菌充填システムを備えた多品種汎用ラインを昭和蔵に新設。 
当社所蔵の「伏見の酒造用具」6120点が、京都市有形民俗文化財に指定される。

 

 

1986年

創業350年、会社設立60年を機に、社名を「月桂冠株式会社」に変更。

 

 

 

現代

アメリカでの酒造りを開始、日本で洗練させてきた四季醸造システムと、その後開発した新規醸造法を現地に技術移転しました。米国月桂冠は、世界の市場に向け日本酒を広めるもとになっています。2002年に企業ブランドコンセプトを発表、(1) 清酒事業の深耕・拡大、(2) 清酒以外のアルコール事業の強化・拡大、(3) 海外事業の推進、(4) アルコールにとらわれない新規事業の開拓・展開、を事業戦略テーマとして活動を進めています。

 

history01

1989年

米国月桂冠株式会社設立。

 

1990年

アメリカ、フォルサムに米国月桂冠社屋・工場を新築。翌年グランドオープニング。

 

1991年

米国月桂冠のグランドオープニングを行い、出荷を開始。

 

1992年

「新しい清酒醸造法の開発」により、日本生物工学会「技術賞」を受賞。

 

history01

1993年

月桂冠新本社(京都市伏見区南浜町)を竣工。

 

1995年

長らく途絶えていた韓国向けの輸出を再開。

 

1999年

品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9002:1994」の認証を取得。

 

2001年

品質マネジメントシステムを新規格の「ISO9001:2000」へ移行。

 

2007年

創業370年、会社設立80周年。
中国、上海へ駐在員を派遣。

 

2008年

日本酒ではじめて「糖質ゼロ」の商品を新発売。 
環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得。

 

2009年

研究所設立100周年(1909年、大倉酒造研究所として設立)。 
米国月桂冠設立20周年。

 

 

history01

2011年

月桂冠(上海)商貿有限公司を設立。委託による現地生産を開始。